2011年 07月 22日 ( 1 )

July 22, 2011

磁器婚式のテーブル:チーズ『ちょっと贅沢』

スーパーなどでいろんな形をしたおいしそうなチーズがかわいらしく並んでるのみたことあるでしょ。フランスでは、46種類のチーズがAOC(原産地呼称統制)にワインのように認定されている勲章つきのチーズがあります。(最近ではEU認証のAOPが主流になってきています。)

スーパーで見るチーズもチーズの学校で勉強するAOCのチーズも、正直何度見ても聞いても覚えられないの。

でもね、フランス料理でおなかが一杯になった後チーズはいかがですか、と聞かれるけれど、チーズは前菜でたべることをお勧めしたいと思います。美味しいチーズをお腹が一杯になってからでなく、味わってじっくり食べたいから。

また、チーズは、カルシウムが豊富で「骨粗鬆症」などを防く女性にとって強い味方なんです。チーズのお値段は強い味方じゃないけれど。でも、まあお祝いだからといって3種類のフランスのチーズを奮発しましたよ。

右から、真っ白な「ブリア・サヴァラン」は、テーブルの歴史では有名な19世紀前半に発行された「美味礼賛(美食の生理学)の著者でフランスの美食家の名前がつけられたフレッシュチーズです。この方はテーブルの授業でもよく名前がでてきました。チーズに名前までつけてもらえるなんて・・・。クセがなく大変食べやすいからおすすめです。

真ん中は、「フルム・ダンベール」という青カビタイプのチーズです。「アオカビ、おえー」とよく聞きますが、こちらは青カビが均等に入っていてとてもきれい。マイルドな味なので抵抗なく食べれると思います。

左のどろんととけているのは、愛すべきウォッシュタイプの「ラングル」というチーズ。シャンパンで有名なシャンパーニュ地方で作られたお酒で洗われたチーズなんです。真ん中が引っ込んでてユニークな形。舌をぴりりとささすような感じが刺激的です。

皆さまも一度前菜として食べてみてね。

テーブルでは今日も、ゆっくりと『ちょっと贅沢』なチーズでスタート。

Porcelain (the 20th) wedding anniversary: Cheese ‘a little Luxury’
You might see many cute and different kind of shaped cheese at supermarkets. There are 46 AOC
(Appellation d’Origine Controlee) cheeses like wine in France. AOC is a kind of medal. (Recently AOP is getting
mainstream at EU) To tell the truth, it is hard to memorize the names of AOC cheeses whenever I see at the
supermarkets and the cheese school I go to. French restaurants often offer cheese after we eat tones of delicious food
and feel full. BUT I would like to recommend eating cheese as appetizer since I would like to taste the delicious cheese
before not too full. Cheese contains a lot of calcium and it prevents from osteoporosis. This helps women side,
but prices are not friendly to us. It is rather expensive as matter fact. However, that night was a big celebration
so I selected three difference kinds of cheeses. From right hand side, pure white one called Brillat-Savarin is fresh
cheese, which name after the famous French gourmand, Brillat-Savarin. His famous work, The Physiology of Taste,
was published in early 19century and is also famous among the table coordination field. This is so smooth so easy
to eat. In the middle called Fourme d’ Ambert, blue cheese. Some people say that blue-molded cheese is not ‘my cup
of tea’. However, this type of blue cheese is not too strong rather mild so you would be enjoy challenging eating it.
This blue-molded part is equal proportion and so beautiful. Finally left hand side, this is my loving washed rind cheese
called Langres in the Champagne region of France where is the main producer of Champagne. The shape is unique
that middle part is cave-in It must stimulate your tongue by the taste. Please eat cheese as appetizer.
On the Table Today, start slowly with a little luxury cheese.

d0217103_68017.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-22 06:33 | チーズ Cheese