<   2011年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

July 22, 2011

磁器婚式のテーブル:チーズ『ちょっと贅沢』

スーパーなどでいろんな形をしたおいしそうなチーズがかわいらしく並んでるのみたことあるでしょ。フランスでは、46種類のチーズがAOC(原産地呼称統制)にワインのように認定されている勲章つきのチーズがあります。(最近ではEU認証のAOPが主流になってきています。)

スーパーで見るチーズもチーズの学校で勉強するAOCのチーズも、正直何度見ても聞いても覚えられないの。

でもね、フランス料理でおなかが一杯になった後チーズはいかがですか、と聞かれるけれど、チーズは前菜でたべることをお勧めしたいと思います。美味しいチーズをお腹が一杯になってからでなく、味わってじっくり食べたいから。

また、チーズは、カルシウムが豊富で「骨粗鬆症」などを防く女性にとって強い味方なんです。チーズのお値段は強い味方じゃないけれど。でも、まあお祝いだからといって3種類のフランスのチーズを奮発しましたよ。

右から、真っ白な「ブリア・サヴァラン」は、テーブルの歴史では有名な19世紀前半に発行された「美味礼賛(美食の生理学)の著者でフランスの美食家の名前がつけられたフレッシュチーズです。この方はテーブルの授業でもよく名前がでてきました。チーズに名前までつけてもらえるなんて・・・。クセがなく大変食べやすいからおすすめです。

真ん中は、「フルム・ダンベール」という青カビタイプのチーズです。「アオカビ、おえー」とよく聞きますが、こちらは青カビが均等に入っていてとてもきれい。マイルドな味なので抵抗なく食べれると思います。

左のどろんととけているのは、愛すべきウォッシュタイプの「ラングル」というチーズ。シャンパンで有名なシャンパーニュ地方で作られたお酒で洗われたチーズなんです。真ん中が引っ込んでてユニークな形。舌をぴりりとささすような感じが刺激的です。

皆さまも一度前菜として食べてみてね。

テーブルでは今日も、ゆっくりと『ちょっと贅沢』なチーズでスタート。

Porcelain (the 20th) wedding anniversary: Cheese ‘a little Luxury’
You might see many cute and different kind of shaped cheese at supermarkets. There are 46 AOC
(Appellation d’Origine Controlee) cheeses like wine in France. AOC is a kind of medal. (Recently AOP is getting
mainstream at EU) To tell the truth, it is hard to memorize the names of AOC cheeses whenever I see at the
supermarkets and the cheese school I go to. French restaurants often offer cheese after we eat tones of delicious food
and feel full. BUT I would like to recommend eating cheese as appetizer since I would like to taste the delicious cheese
before not too full. Cheese contains a lot of calcium and it prevents from osteoporosis. This helps women side,
but prices are not friendly to us. It is rather expensive as matter fact. However, that night was a big celebration
so I selected three difference kinds of cheeses. From right hand side, pure white one called Brillat-Savarin is fresh
cheese, which name after the famous French gourmand, Brillat-Savarin. His famous work, The Physiology of Taste,
was published in early 19century and is also famous among the table coordination field. This is so smooth so easy
to eat. In the middle called Fourme d’ Ambert, blue cheese. Some people say that blue-molded cheese is not ‘my cup
of tea’. However, this type of blue cheese is not too strong rather mild so you would be enjoy challenging eating it.
This blue-molded part is equal proportion and so beautiful. Finally left hand side, this is my loving washed rind cheese
called Langres in the Champagne region of France where is the main producer of Champagne. The shape is unique
that middle part is cave-in It must stimulate your tongue by the taste. Please eat cheese as appetizer.
On the Table Today, start slowly with a little luxury cheese.

d0217103_68017.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-22 06:33 | チーズ Cheese

July 21, 2011

磁器婚式のテーブル:ファーストセッティング 『トレンディ・ヨーロピアンアイテム』

ヨーロッパといっても今回のテーブルは、愛すべきお姫様シリーズ(July 2, 2011)のようなシリアスな食卓芸術ではありません。
Loveableなアイテムでトレンディといっちゃおうかな。

フランスのル・クルーゼ(LE CREUSET)社のふたつきの青いスープボールは、ころりんと丸みをおびたかわいい形です。ル・クルーズの黄色いスプーンを添えました。

プレートは、一昨年デンマークにいったときにデンマークのロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)の本店で買ったムシカ
(musica)シリーズです。ロイヤルコペンハーゲンといえば、(July 16, 2011)に少しお話をした有田焼の影響を強く受け、手描きによるコバルトブルーの絵柄が特徴です。ブルーフルーテッドシリーズの素敵なパターンは見たことがあると思うけれど、今回はポップアートな6種類の音符のマークが奏でる「ムシカ」。ポップな線ひとつひとつがファニーなタッチでかわいいんです。ル・クル―ゼのころんとしたスープボールととてもあってるでしょ。

涼しげなフィンランドのイッタラの食前酒のグラスとクリアな折敷の上に、ポップな雰囲気のものをポンとおいてアンバランスを楽しみます。

さっぱりしたリンゴのシードルと夏野菜のラタトゥイユをスープボールにいれてスタートです。トマトの酸味とドライなシ―ドルあってました。皆さまもためしてみてね。

テーブルでは今日も、今風の『ヨーロピアンスタイル』で。

Porcelain (the 20th) wedding anniversary: First Setting ‘Trendy European Items’
Regarding ‘European’ table, this is not pretty princess’ Table Art series (July 2, 2011). This time, I picked loveable and
‘trendy’ type items. The lidded soup bowl made in LE CRUESET is a round shaped chubby cute design with a yellow
spoon from the same brand. The plate is called ‘musica’ series from the main shop of Royal Copenhagen in Denmark
that I bought two years ago. Royal Copenhagen had a big influenced by Arita. As a result, picture by cobalt blue
becomes in a characteristic manner and Blue Fluted Series are famous in Japan. This time I used ‘musica’ series,
6 types of musical notes. The pattern is pop art and its line is very funny. Don’t you think this is a good match this pop
plate with the chubby LE CRUSET soup bowl for coordination? The plate with soup bowl is put on the top of the cool
clear plate with ittala glass. We could enjoy the unique unbalanced combination with clear plate and pop art type.
For starters, we enjoyed summer vegetable ratatouille in the soup bowl with dry cidre. Sour tomato taste with dry cidre
was awesome. Please try it.
On the Table Today, select trendy ‘European Style’.

d0217103_6112670.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-21 06:17 | ファーストセッティング Detail

July 20, 2011

磁器婚式のテーブル:お花『かっこいい』
でもなんで、磁器婚式っていうんでしょうか。銀婚式(25年)や金婚式(50年)にくらべ、年数が少ないから、まだ割れる可能性があるとか、もろい、といったニュアンスを含んでいるのかな、なあんて。

磁器婚式のテーブル(July 18, 2011)は、アクセントカラ―の黄色で夏のイメージをだしたかったから、お花はひまわりを選びました。ひまわりは、いまは色々な種類があります。今回使ったのは、小ぶりのひまわりで、薄い黄色と濃い目の黄色のひまわりを各組み合わせてみました。今は八重のひまわりもあるんだよ。

ひまわりを活けているボトムがおしりのように丸くなって、しゅーっと延びているガラスの涼しげな花器は、ニコライバーグマンカフェで、お茶をしているときに偶然みつけたものです。なんとも色っぽいシェープに目がとまってしまったわけなんです。手作りなので、形が一つ一つ違います。好みの形を丹念に3本選び、3つ連続で飾りました。

ニコライバーグマンの花器に一目ぼれをして買ってしまったのは、父の日のテーブル(June16, 2011)で紹介した備長炭のシリンダーに次いでなのだけれど、北欧のデザインってなんて素敵なんでしょう。洗練されていて、かっこいい!ってかんじ。

おしゃれな花器はガラスの台にのせて、まわりと高低差をつけ存在感をアピールしました。

テーブルでは今日も、『洗練』されたアイテムを。

Porcelain (the 20th) wedding anniversary: Flower ‘having style’
By the way, why we call it ‘porcelain’ wedding anniversary? Compared to ‘silver wedding’ (the 25th) and ‘golden
wedding’ (the 50th),its marriage life is shorter and facing some possibilities of fragile and could be a chance to break up.
Kidding aside, on the table of porcelain wedding anniversary (July 18, 2011), I aimed to show summer feeling by using
yellow color on flower. There is a quite variety of sunflowers in these days. I have used vivid yellow sunflowers and
light tone one. Even eightfolded type sunflowers are getting popular. The vase, which shape is unique, smooth and
elegant figure were bought in the Nicolai Bergman Nomu Café. When I had a coffee, I got my eye on it. I do like the
shape like hips. Since this is handmade, the shapes were slightly different so I carefully selected three vases and
decorated three of them. I bought cylinder type vase with charcoal for father’s table on June 16 at the same shop.
I think that North European are so cool and sophisticated. This sophisticated vase was put on the glass board to the
difference in height from other items showed their presence.
On the Table Today, pick the ‘sophisticated’ item.

d0217103_683027.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-20 06:16 | お花 Flower

July 19, 2011

磁器婚式のテーブル:色彩『透明感』

磁器婚式のテーブル(July 18, 2011)は、ヨーロッパ好きで透明感のある彼女のイメージ、結婚という神聖な結びつき、夏のさわやかさを念頭においいていたから、おのずとクリアなイメージの色彩になりました。

ベースカラ―は空色、アソートカラーはクリア、アクセントカラ―は青と黄色です。アクセントカラ―は日本語で「刺し色」といいます。クリアな色あいは、清楚なイメージや涼しさを演出できます。

クリアなイメージには、寒色系で白味を多く含んだ明清色を使うことがポイントだけれど、それだけだとかわいらしくなりすぎてしまいます。そこに「刺し色」の濃い青や黄色をいれることで引き締まります。大人のイメージをだしたいときは、同系色の濃淡で変化をつけるとアレンジしやすいです。

皆さまも、暑い夏、クリアなテーブルで涼しさ演出してみてね。

テーブルでは今日も、クリアな『清楚と大人』のコンビネーションイメージで。

Porcelain (the 20th) wedding anniversary: Color ‘Clear’
The table of porcelain wedding anniversary (July 18, 2011) was created based on her transparent image and her taste
that she likes Europe. In addition that, considering marriage, celestial love as well as fresh summer image,I have
chosen the clear image. Base color was sky blue, assort color was clear and accent color as blue and yellow.
Accent color in Japanese is said ‘sushi iro’. I chose clear color image because it can create coolness and neat
atmosphere. One of the points of creating clear image is to use light blue tone. However we have to careful using only light blue is rather cute so it is would be a good idea to be added darker blue and yellow as accent color. If you want to
stage to look ‘adult’ image, the combination of lightness and darkness in the same hue plays an important role.
It has been very hot in these days; please show coolness on the table by using clear image.
On the Table Today, enjoy the combination of ‘neat and adult’ image.

d0217103_611613.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-19 06:11 | 色彩 Color

July 18, 2011

磁器婚式のテーブル:『ヨーロピアン・セミカジュアル』

間もなく結婚20年目「磁器婚式」を迎える友達にお祝いをしようと、どんなテーブルがいいと聞いたら「わたし好み、かつ、堅苦しくないのがいい」とのリクエスト。

うーんと考え、ヨーロッパ好きの彼女を思い、透明感のある『ヨーロピアン・セミカジュアル』のテーブルを作りお祝いをしました。

アイテムは全てヨーロッパ製のものときめ、かつ、さばさばした性格の彼女好みのシンプルかつこだわりのあるデザインと涼しげなブルー系で統一しました。

日本では、結婚20年周年を記念して、「磁器婚式」と呼びますが、20年というと赤ちゃんだった子供が20歳になるということ、つまり、ご夫婦の成人式でもあるわけよね。20年色々あったと思いますが、今まで元気でずっと一緒にいられたことに心から乾杯します。おめでとう。

皆さまも、ご自分やお友達の節目のお祝いを楽しんでみてね。

テーブルでは今日も、『夫婦の成人式』に乾杯ね。

Porcelain (the 20th) wedding anniversary: ‘European semi-casual’
One of my girlfriends is getting have the porcelain wedding anniversary, which is the 20th times wedding anniversary.
So we arranged to celebrate their anniversary. I asked her what kind of table they would like to. She requested that
It would be my taste as well as not too formal. I have thought for a while and decided to create a transparent ‘European
semi-casual’ style for the memorial time since she love Europe very much. I have picked all items from Europe.
The tone is pale and transparent in blue color group while its design is simple considering her refreshingly frank
character. The 20th anniversary called as porcelain wedding anniversary in Japan is the same amount of the time that
a baby becomes 20 years old since. This anniversary is couple’s coming-of-age ceremony. It must not have been only
good things for 20 years. Congratulations from my bottom of heart on their anniversary for being together with the
good health. Please celebrate your friends’ anniversaries. It must be fun.
On the Table Today, make a toast to ‘the couple’s coming-of-age ceremony’.

d0217103_62077.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-18 06:08 | テーブルコーディネート Total

July 17, 2011

ゆっくりできる昼下がりに『ゆるゆる』と:白金 バーガーマニア

「週末は『ゆるゆる』」とか、「それって『パネー』」という言葉を使っていない、知らないって人は、同じ年代だと思い安心してしまう。 

若い人がよく使っている『ゆるゆる』とは、ゆっくり過ごすこと、『パネー』とは、半端じゃねー(ハンパジャネー)くらいすごい、の略みたい。

楽しすぎて飲みすぎてしまった朝食べたくなるのは、きまってお味噌汁とかおうどんだけれど、アメリカ人の友人はハンバーガーが食べたいといつもいっています。人は二日酔いになると生まれ育った味、いわばルーツの味が恋しくなると思っているの。その友人に誘われていったハンバーガー屋さんは数しれません。日本にも驚くぐらいおいしいハンバーガー屋さんがあるんですよ。

最近は梅雨もあけて、外に出る機会もおおくなったでしょ。ゆっくりできる昼下がりは、お散歩しながらハンバーガーなんて、『ゆるゆる』どうでしょうか。白金の北里大学の近くにあるバ―ガ―マニアは小さなお店なのですが、かわいらしく、行くとなんだか楽しい気持ちになる場所です。愛犬も同席できますよ。

暑い中お散歩のあとはジュ―ジュ―焼けたバーガーとビールなんて最高じゃない。お気に入りはアボガドバーガーで、『パネー』なんです。

きょうはお天気もいい週末だから、皆さまもふらりと是非いってみてね。

テーブルでは今日も、たまには、のんびりゆっくり『ゆるゆる』と。

‘Yuru yuru' in a midafternoon: Burger Mania in Shirogane
If you do not know or use the words with “‘yuru yuru’ on the weekend” or “is it ‘pane~’?”, you must be my age.
Thank you very much! Among young people, those words are often used. ‘Yuru yuru’ means spend the relaxed time
while ‘pane~’ means the abbreviation of ‘hanpa jya nai’ (this is awesome.) The next morning after having so much fun
and drinking too much, I usually want to eat miso soup or udon while one of my American friends kept saying that she
would like to eat hamburger. I think that people tend to want to eat your mother tongue food at hangover time. I have
gone so many amazingly delicious hamburger restaurants with the American friend in Japan. Recent weather is so nice
after the rainy season, you might go out often. Why don’t you enjoy a midafternoon walk and have a hamburger with
‘yuru yuru’ when you have a plenty time. A small burger place called Burger Mania that is located near Kitazato
University. The place is a cozy, cute and fun to be there. You can take your dog as well. After enjoying a midafternoon
walk in sunlight, you would be happy with a well baked hamburger and beer, which should be the best moment.
I like avocado burger, which is ‘pane~’. Today is a good sunny weekend, enjoy your midafternoon walk and stroll into
the place.
On the Table Today, enjoy ‘yuru yuru’ once in a while.

d0217103_7404554.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-17 07:51 | レストラン Restaurant

July 16, 2011

伝統工芸品:『つやっぽい』鍋島焼(有田焼)

日本は現在元気がないけれど、日本のバブルの時は皆日本に注目していて、アメリカ・カリフォルニアでは「白人男性と日本人女性」のカップルが当時トレンディだったんですよ。『つやっぽい』でしょ。

昨日は、江戸時代のテーブルについて書いたけれど、経済・文化の発展と『つやっぽい』話は、いつの時代も背中合わせだったと思います。

その昔、江戸時代のころ、中国「景徳鎮」を中心とした東洋の磁気はヨーロッパの王侯貴族の憧れの的たった。そのしっとりとした『つやっぽい』磁気は東洋の女性の肌にていて、東洋女性への憧れだったともいわれています。つまり、東洋の女性は世界中から愛されるクオリティってわけだから、我々日本人女性は自信をもたなくっちゃ。

政治だって例外ではありません、ヨーロッパの王侯貴族に愛された有田焼にも種類があり、その中に鍋島藩が国内中心に発展させた色鍋島など『つやっぽい』磁気、鍋島焼があります。この鍋島焼は、江戸幕府へ献上品として高級品として江戸時代とともに成長し、衰退していったの。

外様大名だった鍋島藩の初代藩主鍋島勝茂は、徳川家康に「関ヶ原の戦い」で敗れたことで負い目を感じ、「参勤交代」ではせっせと献上品に力をいれていたわけです。

また、幕末には11代将軍家斉の愛娘「盛姫」が鍋島藩、鍋島直正に輿入れをし、大奥向けの鍋島も作られ最高権力者のための磁器となりました。これじゃあ、政略結婚とも思われるけれど、実際は、徳川将軍は伝統工芸の発展を願い大切な愛娘をお嫁にだし、また、38歳でなくなった盛姫さまは、最後まで献身的に夫直正に、藩の反映のためにつくしたという美談がのこっています。

そんな歴史があるからこそ、いま、世界的に有名な伝統工芸品である有田焼、‘JAPAN BRAND’を使って、和のテーブルやしのわずりのテーブルを作ることができるのね。

テーブルでは今日も、伝統工芸・文化の発展とその背景にある『つやっぽい』男女関係に敬意をしめしながら・・・。

Traditional crafts: ‘Creamy’ Nabeshima (Arita)
Recently Japan has not been in an exciting and hot country, but it used to be. During the bubble economy, the couples
with ‘Caucasian men and Japanese women’ were trendy. Isn’t it ‘creamy’? Yesterday, I mentioned about table for
Edo period. I think that the ‘creamy’ episodes can't be separated from economy and culture developments. Back
to Edo period, royalty and the European aristocracy had the feeling of yearning about eastern porcelains centering on
‘Jingdezhen’ in China. It was told that the body of porcelain whiteness is similar to oriental women’s skins. It means
that their feeling of yearning was toward oriental women. So we as oriental women should be proud of ourselves.
Politics were not expectation. Arita that is one the representative eastern porcelains in Japan that was loved by the
royalty and the European aristocracy. The body of Nabeshima, one of Alita porcelains, is so ‘creamy’. Nabeshima
made the Shogunate a high quality present from special local products. Nabeshima had flourished and declined along
with Edo period. NABESHIMA Katsushige, a feudal lord of the Nabeshima in country area, felt indebted to 
TOKUGAWA Ieyasu because they lost at the battle of Sekigahara. As a result, the Nabeshima intently developed
and expanded the local product for ‘Sankinkotai’. At the end of Edo Period, the 11th Shogune, TOKUGAWA Ienary’s
daughter married to NABESHHIMA Tadanao. By doing so, the Nabeshima made precious goods for ‘Ooku (harem)’.
It became one of the splendid furnished goods for the Shogunate. It seemed a marriage of convenience but there
were a beautiful story that the Shogunate hoped the further development of the traditional craft, therefore ,he gave
his beloved daughter to NABESHIMA Tadanao while she was committed to her husband's and Nabeshima’s success.
Based on such history, we can create Japanese table and Chinese table by using one of the best ‘JAPAN BRAND’,
which is a famous traditional craft worldwide.
On the Table Today, respect the traditional craft and cultural developments along with ‘creamy’ relationships.

d0217103_6553262.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-16 06:56 | 食卓芸術 Table Art

July 15, 2011

江戸時代のテーブル:現代社会と食文化の原点

戦略的な仕事をしているアメリカ人の知人から、江戸時代のシステム、特に「参勤交代」について、戦略的思考に基いている素晴らしいシステムだと大変評価されたことがあります。

御当地の特産物に力をいれさせ、せっせと作り、藩主たちは二年に一度参勤交代で幕府に献上するという仕組み。地域の経済的発展と江戸幕府の管轄下においておくというシステム化された方法で、大奥に愛する妻を隔離され、会いたいがためのソフトな部分でのモチベーションもしっかりとあげさせていたというわけなんです。今、徳川幕府が、『企業戦略』っていう本を書いたら、爆発的にうれるかもしれないね。

260年も続く江戸時代は、社会構造を含め現代生活の基盤が築かられた時代で、格差社会の原点も食文化もここにはじまりました。

将軍も、そして一般庶民も倹約令により質素な食卓だったけれど、食生活は多様化しはじめ、飲食店や屋台ができ現代の飲食スタイルが開始しました。お寿司の屋台、そして、懐石・会席料理も江戸の食文化として栄えましたよ。

また、食材もいろんなものをいろんなスタイルで楽しんでいたようです。白いごはんと漬物、肉とねぎをいれて煮た肉鍋、山菜など野菜料理、大ブームをおこした焼きいもなど、今日の日本の家庭料理の原点はここにあったのね。

江戸時代は現代社会の縮図だったと、徳川家康は知っていたかな。

テーブルでは今日も、日本の歴史と今を重ね合わせながら。

Table for Edo Period: Roots of Modern Society & Cuisine Culture
One of my American acquaintances told me how the well-organized system of Edo period is. Especially,
‘sankinkoutai’ was a wonderful system based on the strategic thinking. In order local lords to show
their loyalty to the Shogunate, they obligated to give the Shogunate a present from special local products
every second year. This was the systematically organized method that could boost economic
development of the local areas as well as make the lords be under the control of the Shogunate, Edo’s
feudal government. In addition, their motivations for wishing to see their wives also supported the system.
If TOKUGAWA Ieyasu wrote a book called ‘Corporate Strategy’, it would have been a best seller. Edo
period for 260years is the era that was built the roots of modern society including social structure. The
income gap society and cuisine culture started from Edo era. The dinner tables for the Shogun as well as
general public were rather simple based on thrift warrant. However, the daily meals became further
diversified and current restaurant style by the appearance of eating places and stands was established at
that time. Sushi bar, and Kaiseki meal, dishes served on a tray to each individual, has also started a part
of cuisine culture of Edo period. They also enjoyed various ingredients including rice with pickles,
Nikunabe (an individual hotpot dish containing meat leeks cooked on a hibchi grill), various vegetables
such as Sansai (edible wild plants) and Yakiimo shops, which were increased until major boom reached.
I could recognize the roots of current home cooking. Did TOKUGAWA Ieyasu know Edo period was the
epitome of modern society by now.
On Your Today’s Table, lap current society over the history.

d0217103_6264998.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-15 06:29 | 食卓芸術 Table Art

July 14, 2011

レストラン界のロングセラー:五反田 ヌキテパ

もし、ミシュランガイドの審査員に任命してくれるならば、必ずヌキテパを3つ星レストランに推薦します。バブル後半から不況の時代を経て、今でもずっとクオリティ高く続けているレストラン。フィッシュスープやハマグリの炭火焼、スイカのシャンパンとずっと、何十年もずっとかわっていない定番の人気の食材があるフレンチレストランです。

フィッシュスープは、パリのフィッシュスープと全く同じです。なんだか、パリにでもいるような非日常的で、すっとこのままいたいと感じる古い洋館の一軒家は、以前トレンディドラマの舞台にもなっていた素敵な場所だし、看板がとても印象的です。

3つ星レストランでも、2回目にいったらがっかりしたレストランもある一方、ヌキテパは、味も雰囲気もサービスも15年もかわらないんだもん。それって、すごいことだと思います!

皆さまも変わらずに継続できてることってありますか。ヌキテパのようにずっと愛される人でいたいよね。

テーブルでは今日も、『継続は力なり』で。

Long seller in the restaurant industry: Ne Quittez pas in Gotanda
If I were a judge of the Michelin guide book, I definitely rate the scale of three stars on Ne Quittez pas, a French
restaurant. It has been opened since the end of the bubble economy throughout the tough economy time in Japan and
has been provided the same delicious and high quality meal including fish soup, charcoal grilled clams and watermelon
campaign for decades. I remember the fish soup that I tasted at Paris, which was exactly the same taste. It reminds
me of the good memory when I lived in Paris and almost want to be there entirely. The old foreign residential house was
often used to be on the Japanese trendy drama. I do like their cool fascia. Unfortunately there is a place that was
awarded the highest rating of three stars, which I was very disappointed at the one when I was came back there at the
second time. But Ne Quittez pas has been kept the superior service, cozy atmosphere and excellent taste over 15
years. That is quite a wonderful thing! Do you have anything that you have been continuously doing? I wish I could be
a loving person like Ne Quittez pas for a long time.
On the Table Today, remember ‘endurance makes you stronger’.

d0217103_62197.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-14 06:07 | レストラン Restaurant

July 13 2011

ハイエンドホテル:正装と正統テーブルセッティング

先日、東京六本木のリッツカールトンでイベントの仕事がありました。ブラックタイのドレスコードがあるフォーマルなイベントで、ディナーにも参加するから、コム・デ・ギャルソンのタイトなロングドレスで出席しました。馬子にも衣装ね。もちろん爪は、いつもよりも派手にきらきらにしましたよ。

お花をセンターピースにきれいに飾り、お友達の結婚式などででてくるフルコースディナーのテーブルは、フランス革命以降に知られるようになった正統のフランス式テーブルセッティングとよばれているものです。

温かいお食事を温かく、冷たいものは冷たくいただいてもらおうと銘々のお皿にだしたのは、かつて勢いのあったロシアのアイディアです。「ロシア式」のサービスが現代のサービスの原形で、それが今のフランス料理のスタートだったの。

また、フォークとナイフが沢山ならんでいると思いますが、いつも見慣れているのが、ナイフが上をむいているスタイル、これは「イギリス式」といいます。下を向いているのが「フランス式」で、これはどちらも正式なんです。

沢山並んでいるグラスも混乱しがちですね。外側からシャンパン用、白ワイン用、赤ワイン用と用途はわかれ「イギリス式」は斜めに一列、「フランス式」は横に一列なんです。これもどちらも正式なスタイルですし、最近はグラスを全部ならべないところもありますよ。

だから、ハイエンドなホテルでの「おもてなし」もちっとも気負う必要ないんです。今度そんな機会があったら、じっくり正統のテーブルセッティングを観察して、家庭でもためしてみてね。

でもなんといっても一番大切なのは、どんなシチュエーションでも周りの人との楽しい会話やお料理・お酒をエンジョイすることだと思います。先日は、知らない人がほとんどだったけれど、少し非日常的な空間で、ちょっと気取った楽しい時間を過ごしました。

テーブルでは今日も、たまには、『おすまし』で優美な時間の共有を。

First-class hotel: black-tie & formal table setting
There was an event work at Ritz Carlton hotel in Roppongi the other night. I also attended the dinner that
was the black-tie required, so I wore a kind of cocktail dress made by COMME des GARÇONS. I thought
myself, ‘fine feathers make a fine bird’. My fingernails were also much shinier than those in usual. The
table for full course dinner along with the beautifully decorated flowers is known as the formal French style
table setting since the French Revolution. The concept with hot meal with hot and cold meal in cold
delivers each meal on each plate, which was an idea from, a strong country, Russia. The original form of
today’s service is from the ‘Russian Style’, which was the start of today’s French food. You also see
many forks or knives on the table and usually see the forks upward called ‘British Style’ while those of
turning around called ‘French Style.’ Don’t worry both are formal. Also confusing enough, there are so
many glasses recognizing from outside for Champaign, white and red wines. For the glasses on a straight
line are called ‘French Style’ while those at an angle are ‘British style’. Both are formal style as well.
Currently, even at the formal table setting, there is a tendency not all glasses lined up on the table from the
beginning. Therefore, even at the first-class hotel, we do not need to be nervous with ‘not everyday
hospitality service’. Whenever you have a chance, observe it and arrange the style at home. The most
important thing is you to enjoy with dinner and wine as well as a pleasant talks with people. At that night,
I didn’t know people much but I fully enjoyed myself with its atmosphere of unconventional living.
On the Table Today, share ‘prim’ and elegant time.

d0217103_645829.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

by miwakoda | 2011-07-13 06:09 | おしゃれ Dress Up